スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンドロイド向けTwitterアプリ徒然録。

134935679208913117199.jpeg

アンドロイド用のツイッターアプリを変更ついでに色々ためしたので、その備忘録をのこしておく。

まずビフォー。
使っていたのはPlumeというアプリ。
pulme.png

ベデロッパーはその美しいUIホーム画面用の天気ウィジェットの定番中の定番、BautifulWidgetもつくっているLevelup studioという会社。
その美意識のままに作られたツイッタークライアントがPlume、というわけ。中々シンプルかつおしゃれなインターフェースをしています。アプリ本体だけでなく付属のウィジェットも。
ただ美しいインターフェースを持つアプリが逃れられない悲しい性、というかな、機能性ーつまり速さが足りない!
という訳で今回その遅さに耐え切れず乗り換えを決意。



んで、色々試した結果、最終的にはtweecha(ついーちゃ)というアプリに決定した。わーぱちぱち。
unnamed.png

このアプリはどんなアプリかってーと、
20130414-220729.png20130414-221201.png

まずインターフェースはこんな感じ。見やすい!

でもまぁ見やすいだけじゃあPlumeと一緒だよね、他に良い点あるからこれを選んだわけで。
何がいいかってーとまずは早い・・・というか軽い。これだけでも高得点だが、その他にも使いやすいのである。よっぽどのツイッター廃人でない限り。だって、必要な機能がぱっぱと起動できるというのはものすごくデカいメリット。下の方にいっぱいボタンがあって押しやすい。
あ、でも外部アプリとの連携にはよくエラー吐くけど、そこまで使う機会がないので良しとする。

んで、最終的にこれを選ぶまでの紆余曲折のいろんなツイッターアプリのまとめ。

ます公式アプリ。
twitter-bird-light-bgs.png

最初に触った感想は「お、イケんじゃね。さすが公式」と思ったのも束の間、翌日、触って一日の俺でも分かる
改悪アプデ
で使えなくもないけどわざわざ入れておく理由がないモノに成り下がってしまった。アプデ前と比べて明らかに弄りづらくなったし。あと隙あらば更新しようとするし、詳しい設定ができないという致命的な弱点が発覚したのであっさりボツに。

ふたつめ!twicca!
twiica.png

さて、私がアンドロイドのアの時も知らなかったときから「泥でツイッターやるならコレ一択」的な情報がありました、この国産クライアント。初めて手を伸ばしてしばらく触った感想。

あぁ、シンプルだね、早いね、カッコイイね、でも下にクイッとして更新できないね、ボツじゃ!
いや、意外と重要なんだよあの感覚。正直デカいPCの画面でツイッターやるより泥のちっさい画面でやったほうが気持ちいいのはコレがあるからだと思う。だからこの下クイ更新にはこだわりを持っていいだろう?

まぁこの点を除けばあらゆる面でtwicca最強だったんですけどね。唯一にして致命的な弱点だった。

次に試したのはJanetterというアプリ。
Janetter.png


なんか反応が悪かった。以上。UIは良かったけどね〜。白緑という爽やかな色合いで。
でもUIがいくらよくても(ry

その他にもツイッターするやつとかついっぷるとか試したけどどーもしっくりいかなかった。たぶん思い切り使いこなしている人向けなのだろう、自分みたくなーんも考えず漠然と呟いてフォローしているだけで十分な人間には合わないものだと感じた。

という訳で基本的に使いやすくなんかそういう一部の使い込んでるユーザー向けの機能も一応あるよ☆的な機能を持つtweechaで決まり、という結論に至りけり。

ではでは。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/04/14 22:56 ] ソフトウェア関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanzenjibunyounoblog.blog.fc2.com/tb.php/65-9a0e796a











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。