スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

開幕直前順位予想その3【昨年セ3位・東京ヤクルトスワローズ、パ2位埼玉西武ライオンズ編】

今回は結論から書く。

ヤクルトも西武も3位!

正直に言うと、両チーム共に消去法でこの順位になりました。

まず西武。最下位ロッテ5位オリックスと予想し、当然クライマックス争いに参加できると思うのですよ。そりゃあね。ここ数年散々問題視されてきた中継ぎ問題も今年はシコースキーやサファテ、さらに大石もオープン戦防御率0.00とほぼ盤石。(ただ大石は去年のゴンザレスの例もあり西武ファンの信用を得られていないようですが)先発陣も牧田岸涌井の三本柱ときくちを始めとする若手の台頭が期待され、投手陣は例年に比べたらほぼ完璧でしょう。個人的に西口が復帰してくれたら完璧になるかな、と思ってます。いっぽう打線は中中コンビが抜けてどうなるか。一応浅村秋山熊代齋藤と十二球団一なんじゃないか、と思うほど面白い若手が揃ってたりするのですが。どう転ぶかまだ未知数。しばらく4番に座るであろうオーティズもそろそろ年かなぁ〜、という不安も。しかし僕が思っている4位の球団には勝てるだろう、ということでこの順位。

ところで、西武に身売りの話が浮上してる、らしいですよ。何でも親会社の西武ホールディングスが大株主のアメリカ企業に売っちゃいなよユー的な圧力をかけられたそうです。。。伝統ある球団ですからそうなってほしくはないけど、DeNAの例を見ていると、新進気鋭の新球団もいいな〜なんて思っちゃったりもします。多分静岡あたりが動いてくるんだろうな、と予想。県知事も積極的っぽい報道をどっかで見たし。仮にそうなったら「静岡ヤマハライオンズ」みたいなのが爆誕するわけか…なかなか良さ気だから困る。でも西武としてもいいよおおお!

まぁ世の中、そんな穏便には中々いかないものです。こういった何かしらのトラブルぐらいあるでしょう。それでもめげずに立ち向かっていくのが人間というものでしょう、そう、ちょうど去年のヤクルトのように。もうね、ひどかったアレは!そしてその中でよく最期まで頑張った!エライエライ!個人的に優勝して欲しい球団ナンバーワンなのだが、やはりそれもちょっと厳しそうかな〜、というのが現実。原因はやはり、去年から治っていないそのスペランカー体質。今年も早速主砲であるバレンティンが肉離れ、ショートのレギュラーである川端もケガ。始まる前に終わった、という表現がぴったりなこの二人。まぁバレンティンは去年の終盤も離脱してHR王だから多少の遅れははまぁね?だが川端、テメーはダメだ。3割近く打ったのは認めるが、ほんともうちょっと丈夫になれよ!
そんなヤクルト。何気にロッテに隠れてますが、あれ?補強したっけ?ってレベルで補強の話を聞かない球団です。ただ既存外国人選手と長期契約を交わしてはいますが。
という訳で戦力は去年の据え置き、だからこそいかにケガを減らしてベストなメンツでどれくらい戦っていけるかが課題になっていくわけなのですが…早速これじゃなぁ。
特筆すべきは左のエースである石川、でしょうか。去年は8勝11敗。代名詞である10勝10敗に近い成績ですが、自身通算3度めの負け越し、2度めのひと桁勝利となったシーズンで、状態もベストであるとは言えないものでした。今年はベストな状態でシーズンを過ごし、僕の予想を裏切るような活躍、そして躍進をヤクルトにもたらすような働きを期待したいです。余談ですが、もともと石川選手はシーズン中なかなか勝てなかったり、登板日ごとによって質がかなり上下するタイプのピッチャーなんですよね。むしろそれであの安定した成績を続けてきたのはすごいことだと思います。

ではではこのへんで。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/03/27 00:37 ] 野球 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。