スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHNは善か悪か?

こないだの記事で、RSSはOpera標準のニュースリーダーを使うと書いて、実際に使い始めたが、思いの外使い勝手が悪いというか、痒いところにことごとく手が届かないような使い勝手に、ついに我慢の限界。やはり改めて探してみることにした。とはいっても、feedlyはPC版に対応していない、ということで白羽の矢が立ったのがLivedoorReader。アクセスしてふと思い出したが、そういえばLivedoorってどこかに買収されたよなー・・・それも確か、中国とか韓国系のイマイチ信用してダイジョブなのか、個人情報とかそういう系ダイジョブナノカー?なお国柄の企業だったような。にわかに不安にとらわれたので、Google先生に助けを乞うことにした。

そしたらビンゴ。見事にNHNとかいう韓国企業でした。NHN。最近だとLINEの開発元としてその名を聞きますよね。まぁそれだけに限らず、最近その業績を多方面に伸ばしている、今一番勢いに乗っているといったも過言ではない企業でしょう。そのNHNの主なサービスは以下の通り。
mig.jpeg
▲NHN本社のロゴ。HP→http://www.nhncorp.jp/
naver-logo.jpg
▲インターネット検索サービス、NAVER(ネイバー)のロゴ。
LINE_000.jpeg
▲スマートフォン向けチャット&無料通話サービス、LINE(ライン)のロゴ。
057_nhnjapan_l.png
▲オンラインゲームサービス、HANGAME(ハンゲーム)のロゴ。
livedoor.png
▲株式会社Livedoor(ライブドア)のサービスを買収し、傘下としたインターネットポータルサイトLivedoorのロゴ。
上から順に軽く紹介文的なものを書いておくと、
①NHN本社のロゴ、
②インターネット検索サービスを軸にNAVERまとめやNドライブなどのサービスを展開しているNAVER(ネイバー)、
③サービス開始からわずか1年半という短期間で利用者1億人を達成した無料通話・チャットアプリのLINE(ライン)、
④サービス自体は結構昔からやっていたオンラインゲームサービス、ハンゲーム、
⑤ホリエモンなきあとボロボロのところをちゃっかり買収したLivedoor
と、いずれも説明する必要があったのか?というような有名なものばかり。でもすごいのはわかったけど個人情報とか預けて大丈夫なのか?という不安点は解消されていない。特にこの会社の場合LINEで、デフォルト(もちろんユーザーの同意などなく)で、電話帳の情報を取得、LINE全体のアカウント情報と照合し、「お友達ではありませんか^^?」というありがた迷惑な機能を搭載していただけに、より一層警戒を深めてしまします。そういうわけで色々ググった。

結果。



・・・めっちゃ有能そうな社長のwikiのページがないってどういうことだゴラァ!?(# ゚Д゚)
そして詳細な情報が乗ってるページが役員紹介のページとNAVERまとめだけってどういうことだゴラァ(# ゚Д゚)!!

っていうね。いや有能そうだよ。ごもっともらしきこと言ってるしさ。でもでもさすがに上の2つはねぇ。

あとちょっと個人情報保護方針出来になる一節も。
以下、http://www.nhncorp.jp/legal/privacy.htmlより引用。

個人情報の適切な収集、利用、提供に関して

弊社は、個人情報の収集にあたっては利用の目的を明確にして適法かつ公正な方法により行います。
収集した個人情報は、利用の目的の範囲を越えて取り扱いません。また、目的外利用を行わないための適切な措置を講じます。
収集した個人情報は、ご本人の同意なく例外を除き第三者への提供は行いません。
個人情報の安全管理に関して

弊社は、個人情報保護の為の管理者を設置し、不正アクセス・紛失・破壊・改ざん・漏洩等が発生しないよう従業員並びに外部協力会社に対し適切な安全管理措置を実施いたします。
個人情報保護の継続的改善に関して

弊社は、個人情報保護を継続的・向上的に行っていく為、定めた規程類等を変化に合わせて見直し、改善をしていきます。
法令並びにその他の規範の遵守に関して

弊社は、個人情報保護の為、事業に関連した各種法令、国が定める指針、並びにその他関係する規範等を遵守いたします。
個人情報の取り扱いに関する苦情及び相談への対応に関して

弊社は、個人情報の取り扱いに関する苦情・相談へ対応するため、組織体制を整備し、迅速かつ適切な対応に努めます。

コピペはここまで。個人的にん?となったのはこの部分。

ご本人の同意なく例外を除き第三者への提供は行いません。
なんか危なっかしいな、そりゃ例外にも範囲はあるんだろうけどさー。こういう記述があるだけでもうなー。
多分この例外というのは上にも書いたLINEデフォルトの電話帳情報の収集・照合のことも含まれてんだろうなー。

まぁ使うサービスはLivedoorリーダーだけだから?サービス自体はいい感じだし。ただなー、経営方針が↓みたいになっちゃってるんあだよなぁ。NHN経営方針
上の画像はNHN Japan Corporation | 経営理念のスクリーンショット。

この経営理念から考えて、RSSリーダーはどう人とつなぐツールになるんだろうか?まず「LINEで送る」は標準搭載だよなー。(もちろん他のSNSサービスも)あとはどんなユーザーどんなフィードを読んでいるか、どのフィードが多くのユーザーに読まれているかを分析していち早く今後のサービスに活かす、くらいしか思いつかないんだよなぁ。あとはアカウント作成のときのメルアド登録、そしてそのアドレスに「〇〇さんはLINEをやっています」的なメールが届くのか?知らんけど。ただフェイスブックの時には届いたな。うーん、ひとつのサービスでポロッと個人情報の一部を出せば、あっという間に他のサービスへも知られる時代かぁ、怖い世の中になったもんだ。
とりあえず登録自体はサブのアドレスで済ませて、GoogleReaderはメインのアカウントのを持ってこよう。そうしよう。登録が終わったら、LivedoorReaderのレビューをぼちぼちやろうかと思います。

ではでは。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/03/25 20:53 ] 会社(メーカー) | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。