スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヤクルト・川本良平捕手⇔ロッテ・田中雅彦捕手のトレードが成立

田中と川本がトレード/野球速報/デイリースポーツ online

さて昨日でオープン戦も終わり、各球団の戦力がだんだん分かるようになってきたところでこのトレードの一報が飛び込んで来ました。ヤクルトとロッテという、地味球団同士のトレード、内容も川本田中という控え捕手同士のトレード。トコトン地味なトレードです。
しかしいくら地味だからといってこのトレードをスルーしちゃダメでしょう。両球団もただトレードするわけではないです。先日のWBCで控え選手がどれだけ大事かを改めて思い知らされたように、こういう控え選手同士のトレードがむしろシーズンを戦っていく上で大事になってくるのでしょうから。
両球団が何を目論んでこのトレードをしたかというと、ヤクルトは今季、ベテランの相川に代わって昨季台頭してきた若手の中村を正捕手に据えたい考えでしょう。そしてこれまで次期正捕手かと言われていた川本をお払い箱に、打撃は川本より劣るとはいえ、捕手だけでなく怪我人続出の内野を守れる、という点を買って田中とのトレードに踏み切ったのでしょう。
対してロッテはやはりこちらもベテラン・里崎に代わるキャッチャーとして、ドラ3の田村を将来の正捕手候補としてルーキーイヤーの今年から実戦で長期的に育てるプランでしょう。田村がモノになれば捕手だけでなく深刻な長距離砲不足も解決できるだろうし。しかしいきなり田村が打つとは思っていない。そのための育成なんだから。しかし里崎も劣化が著しく、田村がモノになる前に里崎が終わる可能性だって十分ある。仮にそうなった場合に必要とされるのが控え捕手だが、数年前まで何人かいたものの、里崎が安定しすぎて橋本はFAしちゃったし、齋藤はオリックスにあげちゃった。田中はあまりにも捕手の出番がないので2軍で内野を守り始めちゃったし。他にも小池江村金沢がいるけど、はっきり言ってどいつも一芸はあるけどその他が全部微妙、という有様。
はあ〜ぁ、どこかに何でもそこそここなせてうちの人材で手軽に手に入るキャッチャーいねぇかな〜、ってところに、ヤクルト「川本(゚⊿゚)イラネ。内野のユーティリティ( ゚д゚)クレ」って状態→成立って流れなんだろうな。しかしヤクルトは今年もバレンティンといい川端といい通常運転だなぁ。ホント、何かに呪われてんじゃねぇの?今年もショート山田とか見れちゃうの?っていうね。

それではそろそろこのへんで。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/03/25 19:02 ] 野球 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。