スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近、ASUSの変態っぷりが目に余る!何だコリャ!?なガジェット3つ

いやもうほんとに変態なんですって。

ASUSといえば、最近ならGoogle謹製の7インチタブレット、Nexus7のメーカー、といえばピンと来る方が多いでしょう。またEee PCシリーズなどのネットブックや、マザーボード等のPCパーツの開発・販売を行なっている台湾のメーカー。最近はHTCと並び、市場の拡大に伴う台湾勢の飛躍を支える二大企業としても注目を浴びています。

もちろんこの勢いに乗ってASUSは次々と新商品を発表しています。タブレットなら ASUS memopad smart とか。
しかしその新商品陣は、一風変わった、ユニークというか独創性にあふれている、というか...いわゆる変態ガジェットばっかりなんです。

1つ目。ASUS Transformer AiO(リンクは英語版ASUS)
01.jpg

取り外せばandroidタブレット、取り付ければWindoes8、という、ドがつくほどの変態としかいいようがないステキな商品。もうとにかく変態。スペックももちろん タブレットとPC別々という変態っぷり。
というわけでスペック
タブレット側
OS android4.11Jullybeans 液晶 18.4インチiPS液晶 解像度 1920*1080(フルHD)
CPU NVIDIA Tegra 3(クロック数不明、クアッドコア) RAM 2GB(DDR3) ROM 32GB
無線 WiFi 802.11 a/b/g/n Bluetooth 3.0 + EDR インターフェース microUSB (〜64GBまで対応 )miniUSB
サイズ: 466×294×18mm 重さ: 2.4kg その他:OS切り替えボタンあり

PC側
OS Windows8 液晶 同上
CPU:Intel Core i7 3770 or i5 3350P or i3 3220 RAM:4GB(最大8GB) ROM:HDD1TB(最大2TB)
無線:WiFi 802.11 a/b/g/n Bluetooth 4.0 10/100/1000Mbps Ethernet (RJ45)
インターフェース:USB 3.0×4, USB 2.0×1, 3-in-1 カードリーダー, HDMI, テレビジャック,DVDマルチドライブ

やはりまず目が行くのはタブレットとしての重さと大きさ。androidタブレットなら1,2を争う大きさじゃないのか?というかコレをまずタブレットとして使う人がいるのだろうか・・・?地味にタブレットで現状最強であるTegra3と、PCで最高峰に位置するCore i7両方を搭載するというハイスペックさなのに、このド変態仕様のせいであまりスペックに注目がいかない、珍しいガジェット。まぁどっちのCPUも上位機種が今年前半には出るだろうと噂されてるし、発売が4月以降という時期も相まってでしょうが。現段階では北米でのみ販売予定、価格はCore i5/HDD1TB搭載モデルで1299$。エスパーでも何でもないのでその頃は1ドル何円か知りませんが、日本円にして13万円前後。日本のメーカー製PCが高いだけなのか、随分良心的な値段に思えます。財布に余裕のある方はおひとついかがでしょうかw

2つ目。PadFone 2。
ASUS Padphone

画像でどういうふうに使うか分かった人も分からなかった人も、まずは公式サイトにアクセス(上の商品名にリンクしました)して、「概要」の画像をドラッグしてマウスを左右に動かしてください!どうでしょう!この中々の変態っぷり!
スペックは概要タブの横のタブにあるので省略させて頂きますが、中々のスペック。こちらは上で紹介したTransformer AiOと違い、日本でも発売中。価格は¥79,800ですが、今なら500MBのmicroSIMカードがもらえるキャンペーン中(〜4/8まで)です!かくいう僕もコレによって悩み中…ホシイケドタカイ…

ところで、これはPadFone「2」。実は先代があるのです。

その先代が〜こちら、Padfone。
padfone.jpg
画像だけ見るとまぁさっきほどのインパクトはないのですが、再び公式サイトへGO(再び英語版のサイトです)!!!またもやグリグリドラッグで、、、そうです!
三 連 合 体 な の で す ! 
変態度はこっちのほうが上だったかな。 
 

3つ目。Taichi 21。
asus_taichi
なんと、両面ディスプレイのウルトラブック。わぁお、変態。清々しいくらいなまでに変態。しかもこれ、日本市場向けに投入されたものなんですよね。変態。
スペックとしてはどちらもOSにWindows8を搭載、11.6インチでCPUにCore i7 or i5 を搭載、RAMが4GB,ROMはSSDで、128GBと256GB搭載の二機種。値段はi7/256GBの方が\154,800、i5/128GBの方が\129,800。うーん、ウルトラブックにしてはちと高いか。とは言えこの変態仕様で相打ち・・・なのか?

ではでは。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/03/11 12:30 ] 会社(メーカー) | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。